読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Health, justice and a good life

地域での診療とヘルスポリシー研究、政策実践を横断中。

American Family Physicianが僕のFP的枠組みを作っている

外来で膝が痛いと言われれば、一通りの膝の診察をし(北海道でなら普通に自分でポジショニングしてレントゲン撮影もしてました。膝2R、荷重も、必要なら軸写も;しかもその当時はフィルムだった…)、眠れないといわれれば、うつ含め精神心理的な問診と内科…

がん患者にとって、情報は命であり、希望である。

がん患者にとって、情報は命であり、希望である。 は、年末にがん対策情報センターの10周年記念式典で、天野慎介さんの言葉から聞いた元「がん患者団体支援機構」理事長 三浦捷一さんのことば。感じるところがあって、三浦さんの本を読む。 がん戦記―末期癌…

医療の正しい情報がネットで手に入れられる時代が終わった。

気がつけば、医療の正しい情報がネットで手に入れられる時代はもうとっくに終わっていました。 ネットにあげられている情報が無知や悪意(や商売目的やデマ)によって書かれた健康や医療の情報なのか、医学的に正しい情報なのかをgoogleやYahoo!の検索サイト…

戦争を経験した方々を失ってしまう危機感

迂闊だった。急に焦り始めている。 いつのまにか、周囲にいらっしゃることが当たり前だった存在が、もうすっかり貴重な存在になっていることに、臨床からすこし離れているためようやく気づく。 どこかで読んだ文章のように、「もう既に『私は(戦争を)覚え…

ファミリークリニックと銘打った施設というハードウエアではなく、そこで働く医師や医療専門職の総合診療/家庭医療の訓練された機能や技術といったソフトウエアにこそ患者さんや社会にとっての価値がある

Appleの広告にあった”Think different”を思い出していた。 アップルCM「Think Different.」(声:スティーブ・ジョブズ)[日本語字幕] 世界をよりよい場所にしたいと信じる。まだできると信じる。 ジョブスつながりで、SonyとAppleやMicrosoftとの違いを語…

男は黙ってサッポロビール的こころ

三つ子の魂百までとはよくいったもので、どさんこの40歳代男子は 「男は黙ってサッポロビール」 と刷り込まれている。 男は黙ってサッポロビール CM (まだ昭和だった)中学3年から通い始めた塾の塾長の授業で、まことしやかに語られた就職面接での伝説。飲…

小さな物語を生きる

道ですれちがうあの人にも、物語がある。それがかぎ括弧付きの大きな物語であろうと、名も無き変哲も無い日常であろうとも、恵まれていようが、困難に満ちたものであろうとも。その物語を尊重しながら、そのほんの一部である病気や症状の話しを聞く。 じっと…

さて、いつ死ぬのか

ああ、今日も生きていた。 そうぼんやり考えながら目が覚める。時々、涙がでている。 日常的に死に関わる医療職の方なら、ときどきこういう朝がある。 生きている、しかも平気で生きていることは40歳を越えると結構難しい。 「悟りという事は如何なる場合に…

別れの季節

年度末は異動や引っ越しで別れの挨拶がおおく、海外移動組は4月に入ってもその時期がつづいている。クリニックでも、単身赴任されている方がご家族の元に戻るときなどは、大きく生活環境が変わることから、今後の対策などを話し込んでしまい、結構外来時間が…

コミュニティの年輪論

覚え書き。 この年輪論のようなものを在宅訪問診療でずっと考えていた。 在宅訪問診療では、医師の位置はかなり外で、患者さんと家族が中心にあり、訪問看護師と介護士、ケアマネほかがその外を包む。特に自分のように、「つながり」が苦手な家庭医は、力の…

家庭医療や総合診療の戦略

まとめず、つれづれに。 以前、非常に優秀な戦略コンサルタントの方に 「家庭医療っていうのは、戦略的に負けるコンテンツなのだ」という主旨のお話しを伺ったことがある。「総合的」や「包括的」の部分が広報やプロジェクト組成しにくかったり、経営的に利…

日本の疾病登録

(この投稿は執筆中です) お正月の京都は61年ぶりの大雪で、車の轍を、毛糸の帽子をかぶりながらポケットに手を突っ込んで通勤すると、北海道やボストンを思い出します。冬の間はマイナス21℃とかだったよなあ。吐く息の白さとともに、そのときの自分の気持…

Steve Jobs: Stanford commencement address, June 2005

英語から日々遠くなっている。 30歳になってから英語で話し始めたので、小学生のようにあうあう言うだけだけれど、自分の考えを英語で表現して議論するとすっきりすることが多く、筋トレのようにできるだけ毎日使う習慣をつけたいと、新年の誓いを立てる。 …